• 室内住環境を改善する

 先日、大垣市、I様邸にて富士通のエアコンクリーニングを行いました。

エアコンクリーニングを行う為、室内機本体カバーを外すと、内側に蝙蝠の糞の汚れが付いていました。

原因は、室外機からの配管を通す穴を壁の位置で塞いでいないことによるもので、案の定、化粧カバーの末端を見ると、蝙蝠が出入りしたであろう汚れが付いていました。

施主様にそのことを伝え、エアコンパテで配管の隙間、化粧カバーの隙間2箇所の穴を塞ぎました。

ノネズミが入ることがあるので、自宅はエアコンパテを塞いでいるのですが、蝙蝠が入るのは初めて見ました。エアコンが臭っていたのも、蝙蝠の糞尿が原因のように思えます。


コメント一覧

返信2020年6月14日 10:16 PM

食べるね!くん25/

思ったより、小さい隙間からコウモリって入って来るんですねー😨  きちんと穴を塞いておかないと、コウモリ以外にも、いろんな生き物が侵入して来るってことですね〜  賃貸ですが、外壁をチェックしてみます!👍

    返信2020年6月14日 11:33 PM

    oohashimasaru25/

    投稿ありがとうございます。そうですね、蝙蝠は超音波を使ってぶつからないように飛んでいます。 意外と空気の流れも感じているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA